エンジニアが目指すlinuxスキルや資格

linuxは、使い手次第で効率が大きく変わるOSです。このOSを最大限に活用できるエンジニアの手にかかると、効率の良いパフォーマンスを発揮します。一方で経験の浅い初心者は、うまく使いこなせないのが問題です。このようにlinuxは、使い手を選ぶ傾向が強い特徴を持ちます。このOSはネットワーク開発の職場でも頻繁に用いられていて、ネットワークエンジニアには十分使いこなせるだけのスキルが必要です。まずはエンジニア将来性のため、OSを十分に使いこなせる操作スキルを身につけるのが、取り組むべき目標です。

少なくとも、プロとして求められる必要最小限のスキルは、できるだけ早期での修得が求められます。また並行して、技術者認定試験を通じての資格取得も目標にできます。linuxを扱うスキルといっても、その概念は曖昧です。はっきりと初心者と熟練者を分ける基準はありません。スキルの高さを示す手掛かりとするなら、技術者認定試験の資格が参考になります。資格取得のための勉強を通じて、基礎固めもできるのがメリットです。

またネットワークエンジニアの就職の際にも、資格保持者であれば評価は高まります。ネットワークエンジニア将来性を確保するためには、こうしたスキルアップや資格取得の手段に取り組む必要があります。加えて、ネットワークエンジニアとしてこのOSを仕事で使いこなすキャリアを積み重ねていけば、確固たる将来性が築けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です